満たされて日々を生きたいあなたへ、朝と夜の過ごし方

バランスした身体づくり

こんにちは、
さやはるvedaです。

今日は、
満たされて日々を生きるために、
とても大事な朝と夜の過ごし方
を紹介したいと思います。

基本は夜はしっかり寝て、朝整える。


これを意識して
実践していくだけでも、
確実に変化が現れてきます。

特に朝自分を整える時間は、
人生の最大優先にしても
良いと言っても過言ではないほど。

忙しいほど自分を整えられず、
自分軸が見えなくなってしまい、
そうするとどんどん流されて苦しくなる、
という悪循環を引き起こしやすいです。

自分や自分軸を整え
1日を始める“朝の時間”と、

休息に向けて整え、
その日1日の経験を最大限に
自分に還元するための“夜の時間”


の過ごし方は、
とても大事なのです。

今日はそんな朝と夜の
心地よい過ごし方を
紹介したいなと思います。

朝の過ごし方

アーユルヴェーダでは、
朝の日課が決まっていて、
朝から自分を清めることが
とても大切にされています


朝から自分を整え、
良い意味で、
1日外の世界で活動してくる
結界を張るようなイメージ。


そうすると
他人や物事に振り回されず、
心にも余裕が生まれて、
毎日が更に楽しくなります。


参考までに2人の朝のルーティンを
ご紹介します。

<さやか>
・歯磨き
舌磨き
・家の窓を開ける
・TM瞑想
・太陽礼拝
・お白湯
・メールやメルマガのチェック
・ブログや書き出し

日が昇る前に起きるようにして、
子どもが目覚める前に、
自分の時間を持つようにしています。

(芸能人やハリウッドスターママも
そうしている人が多いようですね)


ちなみにもともと私は
低血圧で朝が弱いタイプでした。

朝の早起きができるようになったのも、
TM瞑想を始めたことがきっかけ。


<はるか>
・歯磨き
舌磨き
・ごま油うがい
・お白湯
・ごま油マッサージ
・風呂
・太陽礼拝ストレッチ
・瞑想
・朝ごはん
・軽い運動
・散歩

この朝の流れは、
アユールヴェーダの日課に
沿ったものになります。

これを全て実践するのは
難しいかもしれないので、

舌磨き、お白湯、瞑想、
自然を感じる時間をもつなど、
優先的に取り入れてみるのは
いかがでしょうか。

夜の過ごし方

アーユルヴェーダでは、
睡眠前や睡眠中の習慣も
大切と考えられています。


眠りにつく3時間前までに
食事を済ますこと。

食後すぐの入浴は
胃に負担がかかるため、
消化する時間を持つこと。

また、
寝具は素材が気持ちのいい
ものを選ぶこと。

寝ている間に、
身体を冷やさないこと
(夏の冷房などは要注意)。

もし寝ている間に
音や光が気になるようなら、
アイマスク、イヤープラグを
つけて寝ると良いです。

寝る前のホットミルクも
良いとされています。

まずはできることから、
心地よいと感じるものを継続して
過ごしてみてください。


こちらも参考までに
夜のルーティンをご紹介します。

<さやか>
・お風呂上りに背骨周りをほぐすヨガ
・読み聞かせ
・フットマッサージ
(足裏をマッサージすると
消化を助けてくれる働きがあり、
足の親指をよくマッサージすると
眠りが深くなるそうです)
・子ども達と幸せクイズ

<はるか>
・照明をおとしてキャンドルをたく
・マッサージオイルで足の裏マッサージ
・お腹もゆっくりマッサージ
・essential oilの香りをかいで深呼吸
・ストレッチ

まとめ

どうしてもバタバタしてしまいがちな、
朝と夜の時間。

毎日のルーティンを決めておくと、
優先的にその時間を取るようになるので、
日々自分を整えやすくなります。

ちなみに、
私たちは姉妹ですが、
今はそれぞれ家族環境も
住んでいる場所も仕事も違います。

アーユルヴェーダや
ヨガの日課や考え方をベースに、
ライフスタイルに合わせて、
自分に合う方法を模索しています。

これは、
これからも環境や自分自身が
必要としていることによって
変化していくものだと思います。

みなさんも、
ご自身に合う
朝と夜の過ごし方を探って、
日々を整えて過ごしてみて下さい


今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました