いただきますから見つめる世界

地球問題・オーガニック

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

今回は我が家で今流行っている、
いただきますの方法から、
子どもと社会を考えることについて、
お届けします。

きっかけ

ある日、
牛乳を残した息子に、
”牛さんが泣いてると思うよー”
と話したことがきっかけでした。

”え?牛さんが?”
と食いついてきた子ども達に、
牛乳がどうやってでき、
どのようにして手元に来るかを
説明してみました。

ちなみに我が家の子ども達は、
娘5歳と息子3歳。

今は、モノがあふれ、
ほしいものが安く簡単に
手に入ってしまう世の中。

モノの大切さを
どう教えたらいいのかと
考えていたところだったので、
ちょうどよい機会でした。

子ども達も
思っていた以上に理解して、
”牛さんが泣いちゃうから
牛乳残さずにちゃんと飲む”、
と納得でした。


その日の夜ご飯の時間。

ご飯(お米)って誰が作ってくれたの?
ハンバーグって誰が作ったの?
にんじんって誰が作ってくれたの?
スープって誰が作ってくれたの?

と子ども達から質問の嵐。

ひと通り答えた後、
いただきますをする時に、

“お米を作ってくれた
おばちゃんありがとう、

お野菜を作ってくれた
おじちゃんありがとう、

お肉を作ってくれた
お肉屋さんありがとう…

いただきます♡”

と言ってみました。

子ども達もとても気に入って、
余裕のある夕飯の時には(笑)、
みんなで唱えるようにしています。

それだけでも、
子ども達の意識が少し、
変わったように感じます。


あることが当たり前ではなくて、
その過程に携わった人へ
感謝を込めて口にする。



更に、食べることは、
その過程のエネルギーも
食べるということ
です。

素材、調味料や調理器具、
水や火なども考えると
1つの料理ができるまでには、
本当にたくさんの人の手が
携わってくれています。

素材が育つ過程から
食卓に並ぶまでの良いストーリーを
イメージして食事をすることは、
いいエネルギーを取り込めること
に繋がります。

そのためにも、
できるだけ良いストーリーを
辿ってきた素材を使うようにしたい。

そして、
大したものが作れなくても、
いいエネルギーをこめて、
料理を作るように心がけています。

日々バタバタしがちですが、
感謝の気持ちを持って、
そしてエネルギーに満ちた食事を
口にするようにしたいですね。

じゅんびはいいかい?

エシカル教会の代表である
末吉里花さんが出版した、
じゅんびはいいかい?
~名もなきこざるとエシカルな冒険~
という本をご存じでしょうか。


エシカルな消費とは何か?

エシカルではない消費の
裏側では何が起きているのか。

そんなことが
絵本にまとめられています。

うちの子ども達には
まだ少し難しかったけど、
オーガニックや認証商品が
どうして良いのかということは、
なんとなく理解したみたい。

自分の身体にとっても、
どこか別の場所で暮らしている
同じ位の歳の子にとっても、
みんながハッピーになれる
買い物がしたいよね。

そんな風に話しています。



おわりに

先日発売された
Frau1月号のサスティナブル社会
の特集もそうですが、
世界は今少しずつ、
変わろうとしています。

いち消費者として、
何が本当に心地よい消費なのか。


ぜひ問いかけてみてください。

できることから、
でも意識した消費を
少しでも実践する。

いち消費者として
社会の変化に力を添えていきたい、
そう思います。

幼い子ども達にも、
ちょっとした工夫で
伝わることが分かったので、

家族としても一緒に
色々考えていきたいなと
思っています。

+++++
今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。
+++++

タイトルとURLをコピーしました