生きる前提は何ですか?

バランスした心づくり

こんにちは、さやかです。

今回は、
誰もが持っている
生きる上での前提について、
捉え方や向き合う方法を
お届けしたいと思います。

幸せになりたいは、要らない

私はずっと
幸せになりたいと思って、
学びを深めたり、
自分を掘り下げたり、
生きることについて考えたり。

よりよく生きるために
と努力をしてきました。

でも、ある時、
幸せになりたいと思うことは、
“今が幸せじゃない”という
前提を持っていること
だと学び、
捉え方が一変しました。


“幸せじゃない”
と思って生きていると、
幸せじゃない事柄に
自分のフォーカスがいきます。

ここが満たされてないから
幸せじゃない。

こんなことが起きるなんて
やっぱり私は幸せじゃない。

私には幸せなことが
なかなか起きないなどなど。

幸せなことも
起こっているはずなのに、
幸せじゃない証拠ばかりを
集めていきます。

だからこそ、
その前提を変えることが必要だと。

“幸せじゃないから幸せになりたい”を
“もうすでに幸せ”と思って生きる
と、
幸せの方にフォーカスが行きます。

すでにある幸せに気づいてあげると、
心がほわっとあたたかくなる時間が
増えていきます。

そうするとどんどん
”幸せな状態の自分”が
定着していきます。

幸せになりたいに限らず、
満たされて生きたいとか、
人に嫌われたくないなども同じ。

様々な願望において、
前提を変えることで、
見える世界が変わることがあります。

すでに幸せな前提、
満たされている前提、
好かれている前提。

その前提で過ごしていくと
世界が変わっていきます。

だからと言って、
その上で何もしないのではなく
自分の心地よいことを重ねていく。

心地よい学びや努力は、
生きる上で必要なものです。

そうしていくと更に、
ポジティブな前提での
自分が深まり、広がり、
ありたい自分が叶っていきます。

自分に厳しい人へ

一方で、私もそうですが、
自分に厳しい場合
(自己否定が強い場合)。

良い方へ目を向ける
というだけでは、
幸せな状態へ導く(自己肯定を高める)
のに不十分な場合があります。

その場合はやはり、
不要な価値観を緩めるために、
自分を縛る価値観の洗い出しや
過去のトゲを癒す作業も
同時に必要です。

価値観を緩め、
過去を癒す中で、
自分の声もクリアに
聞けるようになります。

そうすることで、
今ここに集中できるようになり、
ポジティブな方へ
自然と目を向けやすくなり、
満たされるようになっていきます。

おわりに

”まず気づくこと”は
何事においてもとても大事です。

あなたは
どんな前提で生きていますか。


その前提が
自分を苦しめるものだったなら、
前提を置き換えるために
どんな方法が有効でしょうか。

イメージで変われるのか、
アファメーションで変われるのか、
価値観の洗い出しが必要なのか、
過去と向き合う必要があるのか。

1つ1つでいいと思います。

ぜひ諦めずに、
心地よい前提で生きるために
行動してみてください。

+++++
今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。
+++++

タイトルとURLをコピーしました