”何もない自分”を認める

バランスした心づくり

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

前回に引き続き、
”力を抜いて生きる”
に近づいたエピソードを
お届けします。

第2回の今回は、
”何もない自分”を認める。

第1回 マウンティングの心理から見えたこと

衝撃的なひと言

前回のブログに書いた通り、
強がっていた私が溶けだし、
肩の力が抜けて少しした頃。

あるセッションで、
“あなたの中身は空っぽだよ”
と言われました。

衝撃の一撃!!


でも意外にもその言葉は、
今の私の心には、
スッと入ってきました。

今まで、
なんでもできてなんでも持ってるね
とは言われてきたけど、
空っぽとわれたのは初めてでした。

でもそれでいい、
その空っぽの私をまず認めなさい
と。

“何もない自分”という
罪悪感を隠すために、

強がって踏ん張って
頑張り続けてきた自分の中の自分に、
何もない自分でも大丈夫だと
安心させてあげる


まずそこから始めなさいと。


空っぽとは、
1つも自分を大切にした
判断ができてないよ。

人の目を優先した選択ばかりで、
まだまだ自分を
ないがしろにしているよ、
というメッセージ。


あなたには何もないとか、
以前の私だったら、
きっと激怒していたと思います。

でも全てが繋がった。

スッと私の中に入ってきて、
その言葉の本当の意味が
腑に落ちました。

そしてその言葉を
受け入れる強さが持てたから、
今受け入れられるんだ、
と感じました。

過去への感謝が溢れる

強がっていた自分を緩め、
空っぽの自分を許せると、
過去への感謝の気持ちが
溢れ出しました。

私はずっと、
人と比較して人の目を気にしながら、
周りに(母に)認められるように
生きてきました。

“何者かになりなさい”
という母の教えに対して、
何もない自分を隠すために、
色々と頑張り続けてきた。

でももう、隠さなくていい

今まで頑張った自分に、
本当に良くやったなぁと
心から感謝が沸き上がります。


過去の価値観や
強がりや不安も全て緩めて、
ここから、ゼロから、
自分で自分を作り上げていく


1秒ごとに組織が変わって
1瞬でも同じではない自分が、
その都度心地良いことを選んで、
重ねていく。

それが他人を手放すことにもなるし、
幸せになることにも繋がるだと、
そう思えます。

人生は楽しいって、
そういうことなのかなーと
ちょっとわかった気もします。

イメージを持つ

ここ最近特にですが、
自己対話が深まっている理由に、
イメージを持てたことも
大きな影響を与えています。

私により深い自己対話の
イメージをくれたもの、
それはFrozen2。

特に主人公のエルサが
1人で海に挑み、
自分の過去の秘密を
解き明かすまでのシーン。

その時に歌う曲が
「Show yourself」。

*****
(歌詞抜粋)

I have been always a fortress
cold secrets inside
you have a secrets too
but you dont have to hide

show yourself
I m dying to meet you
show yourself
its your turn

Are you the one
I have been looking for
all of my life!?

show yourself
I am ready to know
*****

和訳するとこんな感じ。

いつだって要塞のように過ごしてきた
心の奥底は冷たくて
あなたも秘密があるの?
でも隠さなくていい

あなたの姿を見せて
死ぬほど会いたいから
あなたの姿を見せて
今度はあなたの番

あなたこそ
私がずっと探し続けてきたものなの!?

あなたの姿を見せて
もう準備はできているから。


映画館で
この曲を映像と共に聞いた時、
心の奥が震えました。

映画を見て以来
自分の内面と向き合うたびに
そのシーンが蘇っていました。


私の個人的な解釈ですが、
You=あなたは、
自分の潜在意識(インナーチャイルド)
のことだと思っています。

私にとっては、
“辛いのに頑張りつづける
内なるあなたの本性を見せて”
と自分の心の奥に
聞くことだと感じました。

そしてそれを続けた結果、
内なる自分がその問いに
答えてくれた。

もう強がり続けなくていい、
もう頑張り続けなくていい。


自分が思うように、
自分が心地よい方向に
進んでいけばいい。

衝撃のひと言で、
本当の自分が見えた時、
人は何も着飾らなくても美しい
と心から感じました。

おわりに

ありのままという言葉は、
本当に深いなとつくづく思います。

30数年も生きてくると、
何がありのままで、
何が人の価値観なのか、
本当の自分が霧に隠れて見えないから。

それを少しずつ丁寧に霧を晴らして、
皮をむいて、氷を溶かして、
芯に迫っていく。

ただし、
傷ついた自分に気づき、許し、癒し、
過去を感謝に変えられても、
思考のクセは全てすぐには変わりません。

でも、気づいて進むから、
軌道修正が早い。

客観的に捉えられるから苦しみが減る。


心の奥底で
悲しんでいる自分はもういませんか。

ぜひ対話してみて下さい。

+++++
今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。
+++++

タイトルとURLをコピーしました