病は気から

バランスした心づくり

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

昔から言われる
”病は気から”について
捉え方がようやく分かってきたので、
お届けします。

気合いだと思っていた日々

私は結構最近まで、
病は気からの気とは、
気合いのことだと思っていました。

なので、
風邪の時に気合いで治そうと
走りこみをして悪化したり、

怪我をした時に、
気合いで治そう動かして悪化したり、

寒くてもヒーターの温度を上げず、
気合いで乗り切ろうとして
お腹を下したり、

そんなことばかりでした。


病は気からというし、
気持ちの持ちようという人は
たくさんいるし。

なのにどうして
気合いでなんとかしようとすると
私は悪化してしまうのか、
不思議でなりませんでした。

良い”気”をまとう

気とは
エネルギーのことだと
理解したのは、最近のこと。

病は気からというのは、
自分が良い”気”をまとっている状態
=良いエネルギー状態であれば
病気にならないという意味でした。

気合いで追い込んで
何かをするというのは、
マイナスのエネルギーが増しています。

マイナスのエネルギー状態を
加速させては、
病が良くなるはずがない。

そうではなくて、
リラックスしたり、
心穏やかに過ごすことで、
良いエネルギー状態を身にまとう


そのことで、
病は遠ざかるという意味だったのかと
ようやく理解できました。

気はどこにでも乗る

自分のエネルギー状態=気(氣)を
観察して過ごすようになると、
様々な動作や事柄に
自分の気が乗っていることが分かります。

例えば掃除。

なんだかイライラしながら、
嫌だなぁと思いながら掃除をするのと、
心地よい気持ちで軽々と掃除をするのでは、
お部屋に落ちる気が全然違う

食事もそう。
焦って急いで作った料理と、
ゆっくり落ち着いて作った料理とでは、
乗っている気が違ってくる


小さい子供たちがいるので、
全てゆっくり丁寧にとはいきませんが、
呼吸を意識して取り組んだり、

心持ちをできるだけ良い状態で
取り組むように意識しています。


エネルギー・気は見えないので、
目を向けなければ
気づくことはできません。

でも、必ずそこに存在して、
身体や心に影響を与えているモノです。

その証拠に、
良い”気”を意識して過ごすようになって、
ここ1ヶ月半ほど
親子誰も風邪を引かずに過ごしています。

インフルも流行っている風邪の時期なのに。

去年までの冬場は毎年毎月、
誰かしら高熱をだして
てんやわんやしていたので、
この違いには驚いています。

家族のためにも、
自分のエネルギー状態に意識を向け、
良い気をたくさん乗せたお家づくり
していきたいなと思います。

睡眠時にも影響する”気”

先日、同じ部屋に寝ていると、
睡眠中にその脳波(波動)が似てくる、
といった話を聞きました。

詳しく言うと違うと思いますが、
脳波、波動、周波数、エネルギー、気は、
同じ種類のモノという感覚。

睡眠時にも自分の気が
周りに影響を与えるとは
考えてもみませんでした。

特に子どもは影響されやすいと思うので、
私が悩み苦しみながら寝ていたことが
悪影響を与えていただろうことは
言うまでもなく…。


以前の記事でもお伝えした、
幸せクイズなどの寝る前の習慣が、
子ども達のメンタル安定に
効果があった理由が分かりました。

幸せな自分の状態、
良い気の状態になって眠りにつくこと。

その状態が潜在意識にも入りこみ、
寝ている間の良い気として
発されるんだろうなと思います。

おわりに

この世は
目に見えるものが5%、
見えないものが95%、
と言われています。

目に見えないものに
目を向けて気づくことで、
日々の過ごし方が変わってきます。


良い気を身にまとって、
その気を日々の動作に乗せて
周りへお届けするようなイメージを持って、
丁寧に過ごしてみて下さい。

良い”気”=エネルギーで、
病がはやりがちな冬場を
乗り切りましょう!

+++++
今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。
+++++

タイトルとURLをコピーしました