サステイナブルな暮らし

地球問題・オーガニック

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

今回は最近よく耳にする
サステイナブルという言葉、
それを意識した暮らしについて、
お届けしたいと思います。

売る側と買う側、両方の意識が必要

先日発売されたFRAU 1月号ですが、
「世界を変えるはじめかた。2020」
という題名で、
サステイナブルな話題が盛りだくさんです。

日々の生活では感じられないけど、
世界には様々な動きがあって、
未来の地球のために動いている人たちが、
たくさんいる。

私にできることは何だろう、
の視野が広がりました。
ぜひ、手に取ってみて下さい。

情報を知った上でスーパーに行くと、
今まで目に入らなかったマークや、
その商品の背景が気になってきます。

少しでも地球に配慮されたもの、
サスティナブルを考慮したもの、
作り手が幸せになるものを買いたい。

エシカルな消費をしたい。

ただ、手放しで考えられないのは、
忙しい日々の生活には便利さも必要
ということ。

すぐ食べられるようになっている、
お菓子やパン、ヨーグルトや冷凍食品、
ふりかけや味海苔・納豆、調味料など。

多くの商品が、小包装になっていたり、
プラスティックを多く使った
パッケージングです。

生活に必要な日用品にも、
文房具系や化粧品なども、
過剰包装がされているものが多いです。


プラスティックは、
リサイクルに回せる。

でも、本当の意味での
リサイクルになっているプラスティックは
日本では少ないそうです。

(ほとんどのプラスティックが、
燃やした熱を再利用するサーマリサイクルへ
回されているといった事実もあります)


例えば、家で食べるものを
全て自家製で作れたらいいのですが、
料理の得意不得意もあるし、
特に子育て中は難しいのも事実です。

FRAU 1月号を読むと、
企業も変化してきていると感じました。

環境に配慮したこだわりの商品を
地球にやさしいパッケージで売ることが
当たり前になってほしい。


売っているモノは
消費者に変えられないので、
企業側の努力が必至です。

それと同時に、
私たち消費者はエシカルな商品から買う。

エシカルな商品に
常に目を向けていることで、
そういった商品が出てきた時に
気づけるようになると思います。

作る側と買う側、
両方の意識があって初めて、
サステイナブルな社会へ
加速して進んでいけます。

1人1人が意識していくこと、
その小さな一歩が大きな変化へと
繋がっていくと信じています。

古着もエシカル消費

水ジャーナリストの橋本さんが、
Tシャツができるまでに必要な水の量
you tubeで説明しています。

普段誰もが身にまとう洋服。
市場にも大量に出回っています。

その製造過程で
多大な環境や生活が犠牲になっている。

自分の洋服についてもですが、
1年ごとに買い替えになる
子どもの洋服も考えさせられます。

子ども達が切れなくなった服は、
ドネーションに回してきましたが、
まず買う時点で
オーガニックコットンのもの
を探すようになりました。

ただ、まだ商品が少ないので、
気に入ったものが
なかなか見つからない現状もあります。

そこで古着を着るのもエシカル消費、
という認識を知って、
古着も積極的に取り入れています。

みんながモノを大切に使って、
使えるものは捨てずに譲り合う。

それがもっと広がっていけば
モノで溢れかえる世界が
変わっていくのではないかと思います。

できることから

今、世界は、
本当に大量の商品で溢れています。

その一つ一つの商品に背景があって、
安いモノの裏にはそれだけの理由がある。

すでに持っているモノもたくさんあれば、
日々の生活に欠かせない消費もあるし、
生活をすぐに変えるのが難しい部分もあります。

未来の地球のために、
一時的にではなく、
長期的に変わっていくことが必須なので、
過度のストレスになったり、
日常生活が困難になるのは困ります。

“まずはできることから”
この意識がとても大事だと思います。

少しずつ、
でも確実に意識を変えていくこと


以前も書きましたが、
私はもともと環境に興味がない方では
ありませんでした。

でも、
1人にできることの限界を感じ、
見てみないふりをする時期もありました。

でも今は社会も変わってきている。

だからこそ、
自分ができることが増えているし、
変えようと思えば
変えられることが増えています。

これからの時代は、
心も身体も、人間関係もお金も環境も、
循環型の社会です。

誰かが豊かで誰かが苦しいというのは、
もう終わり。

時代の流れを後押しするためにも、
できることからやっていきたい、
そう強く思います。

まとめ

以前、ある方とお話した時に、

“大学で化学を専攻している息子から、
「1枚のビニール袋の原料は0.数グラム、
マイバックしても環境負荷はあまり変わらない」
と言われて、
マイバックの持参をやめたのよ。”

という話をされたことがありました。

でも、
その1枚のビニール袋を何人の人が使うのか。
今の瞬間、全人口が1枚使うとしたら、
ものすごい量のビニール袋になります。

“stop onetime use”
とアメリカでは言われています。

エシカルな商品に目を向けるのはもちろん、
一度だけ使ってゴミにしてしまう様なモノを
使わない意識も持っていきたいなと思います。

どんなことならできそうか、
ぜひ考えてみてください♫

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました