セルフカラーイメージを掘ろう

バランスした心づくり

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

先日のパーソナルカラー診断で、
オータムという結果を受けて、

セルフイメージを
深堀りしていきました。

そうすると、
私の中に隠れていたある想いに
行き着きました。

今回は、
セルフカラーイメージから見えた想い、
について書いていきたいと思います。

カラー診断結果から思ったこと

私のパーソナルカラー診断の結果は、
Autumn(オータム)。

オータムに似合う色は
こんな感じの色。


この結果を受けて感じたことは、
こんな感じでした。

自分のイメージだな、
深みがあって奥深い人になりたいな、
どこか陰のあるイメージ好きだな。

そしてそこから派生して、
私明るいイメージあまり好きじゃない?

いつもニコニコ笑っているとか、
ふわぁ~と楽して生きたくないな、
そんな想いが出てきました。

裏の価値観とその先

その“想い”=思考には、
人生は苦しんでこそ、
楽して生きるのは悪である。


こんな価値観がありました。


どうしてそんな価値観ができたのか?

探っていくと、そこには、
自分が消えてなくなるのが恐い、

という強い想いがありました。

母を亡くした絶望・悲しみ、
その苦しみを感じなくなることが、
母が過去のものになってしまう様で、
こわかった。

人にはやがて死が訪れます。

そして、
そこに存在したことも、
その波乱万丈な人生も、
やがては忘れられてしまう。

どんな人でも、
どれだけ懸命に生きた人でも、
その生きた証は月日と共に薄れてしまう。

それがものすごくこわかった。
だからずっと悩んでいたかった。

苦しめば苦しんだだけ、
私の中の母の生きた証が
強くなるような気がしていた。

苦しんで生きることで、
自分の生きた証を
少しでも濃く残したい、

そんな想いがあった様です。

次への一歩

先日、
母の死は自分のせいだったと
思い込んでいる自分に
気づいた時のことを書きました。

今回も気づいていなかったけど、
様々な行動や原動力となっていた
想いに気づくことができました。

母は出会った全ての人に
大きな影響を与えて、
生きた証を残していったこと、

私の生きている証も
もう十分残っていること、

大丈夫、大丈夫と
自分を抱きしめてあげよう
と思います。

そして、
諸行無常である世の中を受け入れる。

その上で力を抜いて
精一杯楽しんで生きていきたい、
そう思います。

まとめ

あなたのカラーイメージは、
どんな色ですか。

こんな色で生きていきたい、
こんな色のイメージの自分でありたい。


そんなところから、
自分を掘り下げてみてみると、
今まで見えなかった
あなたの一面が見えてくるかもしれません。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました