寝る前の新しい習慣

バランスした心づくり

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

最近、寝る前に、
新しい習慣を取り入れたので、
ご紹介したいと思います。

寝る前の新しい習慣

以前、
寝る前に しあわせクイズを取り入れて、
子ども達のメンタルが
落ち着いたことをご紹介しました。

しばらくの間、
我が家では毎晩の日課でしたが、
子ども達が安定して、
毎日その言葉をかけなくてもよくなり、
今では必要そうだなと思う時に
しあわせクイズをするようにしています。

最近、その代わりに、
“今日1日で幸せだったことは何?”
と質問し合うことを始めました。

子ども達の答えを一通り聞いたら、
私も一緒に答えます。

小さな幸せってそこにあるのに、
忙しいと見失ってしまうこと
多々あると思います。

1日の終わりに子ども達に、
幸せだったことを思い出してもらう、
そして自分も
幸せだったことを思い出す。

それだけで幸せを認識できて、
ほっこりした気持ちで、
眠りにつけるようになります。

ただよく、子ども達から、
今日悲しかったことも出てきたりします。

それはそれで、共感してあげて、
抱きしめてあげる。

1日色々な事があっても、
マルっと受け入れてもらえる安心感の中で、
小さな幸せを感じられる力を
身につけていってほしいなと思います。

寝る前という時間

人間には、
無意識の潜在意識と
意識のある顕在意識があります。

眠りにつくと人は、
顕在意識のスイッチオフの状態になるので、
眠っている間は潜在意識だけになります。

そのため、
眠る前にどういう状態であるか、
それがそのまま潜在意識に刻まれていく

そんなことを学びました。

眠る前に幸せを思い出すこと
=幸せな状態で眠りにつくこと
=幸せである自分が潜在意識に刻まれる
=幸せな現実が起こる人生になる


となります。

今日1日あった幸せなこと
に限らず、
幸せな未来の自分を想像する、
とかでもいいです。

満たされた気持ち、
ワクワクする気持ちで眠りにつく、
それだけで幸せな現実がやってくる。

ウソみたいですが、
私自身が実践していく中で、
心の奥がほわっと温かくなる瞬間が
増えています。

大切な前提

私はこの半年くらい、
鏡に向かった時や瞑想の最後などに、
Affirmation(肯定の言葉)を呟くことで
自分の潜在意識を変えて
幸せな思考へ舵を切ろうとしてきました。

でもなかなか変わらなかった。

その理由は、
ただ言葉を繰り返しているだけ、
になってしまっていたからかなと。

1日の幸せを振り返ってから
眠りにつくようになって、
ふとした幸せが増えた裏には、
もう一つ理由があります。

それは、
幸福が当たり前の自分になっていく
そのイメージを持って
取り組むようにしたこと
です。

Affirmationを何度唱えたとしても、
実際に心が無理だよね、
とどこかで思ってしまっていたら、
肯定の言葉もなかなか入りません。

納得度も大切。

今もし日々積み重ねていることで
上手くいかないことがあったら、
幸福が当たり前の自分になっていくんだ、
というイメージを持ってみて下さい。

ぜひそうなる自分を信じて、
取り組んでみて下さい。

響き方がぐっと深まると思います。

まとめ

潜在意識に
当たり前に幸せな自分を刻み込むために、
幸せになれる自分を本気でイメージしながら、
寝る前に幸せな思い返しや想像をする。

それだけで、
自分も家族も少しずつ変わっていける。

簡単なことだからこそ、
日々の生活に取り入れてみて
ほしいなと思います。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました