心の傷を癒す自己対話

バランスした心づくり

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

新しい年を迎えてから、
私を取り巻く環境が
めまぐるしく変化しています。

その中で、
私の核心に触れる出来事があり、
大きな気づきへ導いてくれました。

そんな道のりをまとめてみます。

価値観という視点

半年前に、
自分を許し、愛そうと腑に落ちてから、
様々な出会いと学びがあり、
自分の価値観と向き合ってきました。

人は何か出来事があったとき、
思考が生まれ、感情を感じ、行動します。

ただし、出来事が起きたとしても、
人によって起こす行動は異なります。

それは、それぞれ価値観が違うから。

価値観が違うから
思考・感情にも差異が生まれ、
最終的な行動もそれぞれになる。

つまり、思考や感情の裏には
必ずその人なりの価値観があります


この価値観が厄介で、
親からの教えや実経験を重ねる中で、
本当に正しいかどうかは別として、
自分の中で“正しいと思い込んでいる基準”です。

“べき・ねばならない”と自分を縛り付けて、
気づかぬうちに自分を苦しめることも
少なくありません。

半年間、
この思考や感情の裏にある価値観探しを
日々の自己分析に取り入れてきました。

私を縛りつけていたもの

価値観を探る中で、
見つけ、手放してきたモノは、
ブログに綴ってきた通りです。

持っている価値観というのは、
自分にとっては当たり前のもの。

霧に埋もれているような感じで、
とても見つけずらいので、
丁寧に自分と向き合っていくことが必要です。

私が日々自分と向き合い、
少しずつ自分を客観視できるようになる中で、
大きな軸として出てきたもの。

それは、
“人の期待に応えなければならない”
という価値観でした。

大体の場合、人=母となるので、
“母の期待に応えなければならない”
ということになります。

心の核心に触れる

なぜ、
“母の期待に応えなければならない”
という価値観が生まれたのか。

もちろん、
母親に認めてもらいたいという気持ちは
誰しもにあると思います。

でもそれだけではないという感覚があり、
ここ数日、その問いを探っていると、
とても不思議な経験をしました。


その日の瞑想中、目を閉じるとふと、
様々な過去の自分が浮かび上がってきました。

その過去の中を歩いていくと、
膝を抱えてふさぎ込んでいる自分がいました。

その自分の心を探っていくと、
“私のせいで母は死んだ”
という想いでした。

その想いに触れた瞬間に、
涙があふれ止まらなくなりました。

これが私の本音かもしれない、
これが私の根源かもしれない。

母はガンで病死でしたので、
直接的に私のせいではないし、
そう思おうとしていました。

でも、
“私がワガママで期待に応えられなかったから
母は亡くなったんだ”と、

まだそう思って悲しんで、
自分を責めている自分がそこにはいました


母の死とは17年間向き合ってきたので、
まだ解消できてない部分があるとは驚きでした。

でも、霧に埋もれた本音を見つけたことで、
様々なことが繋がっていきました。

気づいて手放す

母への償いの気持ちが
“母の期待に応えなければならない”
という価値観に繋がり、

“人の期待に応えなければならない”
という価値観として
私を縛り付けていました。

母の期待に応えなければならないので、

・負けることは悪である
・負の感情は悪である
・人の心を理解できないのは悪である
・否定されることは悪である

といった母から受け継いだ価値観も
手放すことができなかった。

すぐには難しいかもしれないけど、
母の死の償いをするために、
母の期待に応える人生を送るべきである

という価値観を緩めていこうと思います。

母への償いの気持ちを
抱きしめて受け入れて、
愛や感謝に変えていきたい

と思います。

まとめ

母を亡くした時の私は、
冷たい空気に包まれ、
どん底で真っ暗で冷たい部屋に
1人で放り込まれたような状態でした。

切なくて苦しくて、
後悔と償いと自責の念で、
心が張り裂けそうだったあの時の自分を
もう一度抱きしめて、
もう大丈夫と伝えてあげようと思います。

人の心は複雑ですね。
でも、探っていけば傷は癒える。

価値観に気づいたことで、
より強く優しい自分で生きられる、
そんな気がしています。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。


タイトルとURLをコピーしました