怒りの裏にあるもの

バランスした心づくり

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

今回は“怒りの感情の裏”を
探る方法とその効果について
まとめていきたいと思います。

私と怒りの感情

私は小さい頃から怒りの感情が強く、
自分の怒り感情に
いつも振り回されてきました。

親に対する反抗も強かったし、
友人に対しても、先生に対しても、
一度怒りが爆発したら止まらないタイプ。

とにかく
一度怒りの感情が出てきてしまうと、
自分でも手の付けようがなく、
性格が変わったように
怒りが爆発してしまう性格でした。

それは年齢と共に
コントロールできるようになるのかな…
と思っていましたが、なかなか改善されず。

夫ともケンカを繰り返すし、
子育てでは子ども達にイライラ。
爆発すると怒鳴りつけてしまう。

なんとかして
この怒り感情から解放されたい。

子どものころから
ずっと願ってきた願いに、
最近ようやく光が見え始めました。

怒りの裏に気づく

子供が生まれてから
夫婦ゲンカをするエネルギーも残らず、
衝突を避けていましたが、先日、
久しぶりに夫と大ゲンカした時のこと。

こんな思考が怒りの感情と共に
身体中をぐるぐると回りました。

“なんで私ばっかり?
申し訳ないと思って、罪悪感を感じて、
でも努力してもしても苦しくて、
イライラもコントロールできなくて、
この苦しみをどうして分かってくれない?。
成長を理解してくれないなんてなんてひどい。”

その時ふと、
私の本当に気持ちは何だろう?
という問いかけが。

・変化を認めてもらえなくて悲しかった
・自分の気づきを軽視されたと思って悲しかった
・家族が幸せになるように自分が変わろうとしているのに、
信じてもらえないように感じて傷ついた

こんなことが挙がってきました。


私、悲しかったんだ、
だからこんなに怒っていたんだ。



そして次に、
じゃぁ夫の気持ちはどうなってる?と。

・自分の応援を信じてもらえない悲しさ
・自分が信じていることを信じてもらえない悲しさ
・自分の意見を否定される無気力感

そうか、夫も悲しかったんだ。
ずっと私が私のことを信じないから、
夫の応援も受け取れなくて、
応援しても応援しても
受け取ってもらえなくて悲しかったんだ。

そんな風に考えられたのは初めてでした。

こんな当たり前で簡単な事なのに、
自分のことしか見えてなくて、
自分を守ることばかりで頭がいっぱいだった。


怒りの裏には、
はっきりと悲しみや寂しさがありました。


怒りは2次感情。
その通りだと思いました。

だから、1次感情を探らないと
本当の自分の気持ちが見えない。


お互いの悲しみを分かった上で話をしたら、
すんなり仲直り。

怒りをぶつけ合っても、
何も前に進めなかったのは
そういうことなのかと納得でした。

悲しみの根源

私の子育てのイライラの原因も、
探っていくと悲しみから来ている
ことが分かりました。

私が主にイライラするのは、この辺です。
・ケンカが起きる
・ぐじぐじぐずぐずされる
・わがままを言われる
・文句を言われる
・同じことを何回も言わされる

文句を言われたくない、ぐずられたくない。

この裏には、
人の期待に応えなければならない
=否定されたくない

という強い想いがありました。


子どもに文句を言われたり、
わがままを言われる

自分が否定されているように感じるのが
悲しくてイライラする。


そんな仕組みになっていました。


では、子どもがぐずったり、
わがままを言った時に、
否定されているように感じるのはなぜか。

”私は否定される人間”という
思い込みがあったから。



それは、
“わがままを言うのは良くない
=人に迷惑をかけてはいけない
=人の期待には応えなければならない
=期待に応えないと否定される/愛されない
=母の期待に応えられなかったから
私は否定される人間”
という思考。

この考え方は全て、
母から教え込まれた価値観です。

つまり、
私は自分の母親のモノサシを使って、
いつも自分を否定してきたということ。

この、“否定される人間”という思い込みが、
子どもとの間にも、夫との間においても、
私自身の悲しみを引き起こして、
怒りの感情へ繋がっていた様です。

悲しみの根源を手放すために

自分を否定することを止めること。

否定的な感情も受け入れる、
出来ない自分も受け入れる、
ありのままの自分を信じる。

長年の当たり前を手放して、
自分を信じることは難しいです。

でも、
自分の欲求や感情を1つずつ丁寧に認め、
自分
の信頼作りをしていきたい
と思います。

感情の裏にある背景や価値観に
気づいたから、
次の一歩へようやく進めそうです。

まとめ

イライラという感情が出てきた時、
まずは、怒りの感情の裏には、
悲しみの感情があることを知ってください。

そして、
自分の悲しみがどこからきているのか、
を探ってみて下さい。

そこがクリアになった上で、
自分の苦しい感情を引き起こしている
価値観をどう手放すかを考える。


ただただ、
怒らないようになりたい、
イライラしないようになりたいと
自分の感情をコントロールすることを
練習するばかりでは苦しいです。

感情や思考の裏を探ること、
日々に取り入れてみて下さい。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました