逆開発という新発想

地球問題・オーガニック

今日から7月ですね。

2020年も半年が過ぎました。
折り返し地点。

前半はどんな時間でしたか。
また心新たに後半に進みたいですね。


さて、最近、
お庭が何やらにぎやかです。

近くの自然との
触れ合いを通して考える開発について、
今回はお届けしたいと思います。

にぎやかなお庭事情

リスが良く食べに来ているので、
何の実だろうと思っていた
お庭の木になっている実。

大きくなって
よく見たらなんと桃でした!

去年までは
ここまで実が大きくならなかったので、
ようやくちゃんとした実がなるまでに
木が成長した様です。

桃がなっているとは夢にも思ってもなく、
何も対策をしていなかったので、
ほぼ虫やリスたちにかじられてしまったのですが。

無事だった何個かを食べてみたら、
ホンモノの桃でした。


更にその隣にある木が
突然立派になったなーと思っていたら、
リンゴの実がつきました!

この家の前の持ち主が植えて、
ようやく今になって念願の実がついたのですね。

何もしらずに何のお世話もしてなかったのに、
立派に育った桃とリンゴの木。


どうりで今年は
動物が集まってくるなぁと思っていました。

リスも鳥たちも、
例年以上にたくさん遊びに来ていました。


ついでにいつもより、
ウサギもよく見かけるなぁと思っていたら、
何と庭に作りかけていた小屋の下で、
ウサギの赤ちゃんが生まれていました…。

これにはびっくり。

赤ちゃんうさぎは一匹だけだったのですが、
見つかって危険を察したのか、
親子で逃げて行ってしまいました。

外の世界で元気に生きていけるかな…。


ちなみにテキサスでは、
お庭の芝などを荒らすので、
リスやウサギは害獣として扱われます。

共存とは何だろう。
そんな言葉が頭をよぎります。

もともとは動物が
たくさんいたのだろうこの地を、
人間の都合で開発して今の生活がある。

もちろん、
人間が生きていく上で最低限の
環境づくりは必要です。

でも、
人間の都合が優先されすぎている社会に
どうしても違和感を覚えます。

今私が住んでいる地域は、
30分も車を走らせれば、
豊かな自然が残っている地域。

でも、最近は、
どんどん開発が進められています。

生まれた頃から今の生活が当たり前なので、
不便がどれだけ大変なのかは想像できません。

それでも、今の生活は、
開発が行き過ぎている様に感じてなりません。

新たな発想

そんな中、
小湊鉄道の養老渓谷駅で、
逆開発という事業が進められている
というニュースを知りました

逆開発という言葉、
すごく興味を魅かれませんか。

2018年には、
熊本県の球磨川(くまがわ)にある荒瀬ダムで、
日本初のダム撤去工事が行われたそうです。


こうした
新しい発想が認められるようになり、
その動きが広がっていけば、
共存という未来が見えてくる気がします。


開発のお陰で、
今の豊かな時代にたどり着いた。

でも今ここまできたからこそ、
バランスが求められている。

コロナウィルスの登場で、
家庭菜園を始める人も増えたそうですね。

これも逆開発と同じ意識の表れだと思います。


コロナウイルスが
地球からのメッセージと言われている様に、
今こそ立ち止まるタイミングなのだと思います。

今までの当たり前を見つめ直して、
常識にとらわれない新たな発想で、
新たな当たり前を作り出していく時。



私自身も当たり前や囚われを手放し、
できる限り自由に発想して、
これからの時代での自分の役割を
見出していきたいなと思いました。

あなたは逆開発という言葉を聞いて、
どんな風にかんじますか?

おわりに

自然との共存が崩れていく中で、
人間が病気になりやすくなった、
とも言われています。

開発が進んで豊かさが増したことで、
労働が増えたとも言われています。

便利に豊かになった一方で、
本来不要なことが必要になったり、
失われてしまったモノもある。

もちろん、
幸せはそれぞれで、
心地よさもそれぞれ。

でも、必要な開発と、
不必要な開発を見極める必要がある
のではないかなと感じます。


誰か一部の人だけの利益のために、
誰かの名声や地位を確立するために、
何かが犠牲になるのは
もう終わりにしたいなと思います。

自分の外に
自己価値を求めることをやめて、
自分の本質に軸をおく。

そしてまずは自分がシンプルに、
生きていることに満たされる。



全てが透き通った水の流れの様に
循環するような社会をイメージして、
未来に向かっていきたい。

そう思います。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました