好循環人生の3つの秘訣

バランスした心づくり

先週から少しずつ
夫の出勤が始まりました。

久しぶりの
朝7時から夜7時までの
子ども2人との時間。

びっくりするほど疲れました~。
こんなに大変だったっけ。

ランチやちょっとした時に
大人と話せることでどれだけ救われいたか。

子ども達の気を
1分でもそらせられることで、
どれだけ1日の育児が楽になるか。

そんなことを痛感した1週間でした。


テキサスでは驚くべきスピードで、
感染者が増えてしまっているので、
またすぐに元の自粛生活に戻る
かもしれませんが。

でもこのちょっとした変化で、
また新たな気づきももらいました。

今回は、
好循環人生の秘訣について、
お届けしたいと思います。


人生の方向性

子どもだけとの時間は、
外出できないからということもありますが、
やはり体力勝負です。

ものすごく体力を消費する。

そうすると私の場合、
こんな負のスパイラルが始まります。

1日脳をフル稼働して過ごすので、
夜上手く睡眠がとれなくなる。

そうすると、
ただでさえ疲れているのに、
寝不足から身体の疲れが倍増し、
脳もクリアに働かなくなり、
to doの選択力やこなすスピードが落ちていく。

やるべきことが進んでいかない中で、
子ども達との時間が続くので、
どんどんイライラが募り、
イライラする自分にも嫌悪感を感じ始め、
エネルギーがますます下がっていく。

エネルギーが下がると、
心が今ここに集中できなくなり、
だんだんと感情に支配され振り回され、
最終的にはそのイライラの要因を
環境や状況に探すようになっていく。

こうなるともう、
自分軸を見失って、
生きる意味を失う方向へ一直線です。

まさに悪循環ですよね。


では、逆に
エネルギーの上がる好循環とは、
どんな感じでしょうか?

睡眠も良質で、体調も良く、
1日を抽象度高く生きれている時。

思考もクリアになので、
集中力が上がり、
行動のスピードも精度も上がります。

集中力が高い状態だと、
今ここをマインドフルに生きている状態なので、
感情に支配されることもなく、
無駄なエネルギーを使うことがありません。

今ここですべきことに
本気で取り組むことができると、
行動するほど自分軸がクリアになり、
自分の本質と繋がって
抽象度高く生きることができる。

そうすると、
日々が満たされ、
幸せが実感できるようになります。

心が満たされて幸せの感度が上がるので、
睡眠も深くなり、体調も良くなっていく。

この好循環と悪循環の差が、
人生上手くいく人とそうでない人の差

なのだろうと思いました。


流れを比較していただいても分かる様に、
一度負のスパイラルにハマると
人生が複雑になり抜け出すのに一苦労です。

あなたは
悪循環にハマっていませんか?

定期的に見直してみたり、
イライラしがちな時には
悪循環のことを思い出してみて下さい。

好循環人生に必要なこと

好循環人生の秘訣を考えていくと、
3つのポイントにたどり着きました。

まず1つ目は、
身体の調子を良好な状態に保つこと

これは好循環人生を
生きていく上で欠かせません。

身体が疲れていると何事も上手くいかない。
これは子育てに限ったことではないと思います。

この時にどうにかしようともがいても、
5感の感度や思考力も落ちているので、
瞑想やヨガ、アファメーションを唱えたりしても、
受け取れる効果が薄くなってしまう。

また、
マインドをどれだけ調えたとしても、
身体がエネルギー不足だと上手くいきません。

身体が資本とはよく言われますが、
心の周りの雑音が整理されていくほど、
この言葉が身に染みます。

体調を安定させる方法は、
人によって様々で私も試行錯誤中ですが、
自分の身体に意識を向け、
身体を熟知した上で、
適切なケアをしていくことが必要だと思います。


2つは、
マインドフルに生きること。

マインドフルな状態とは、
執着が緩み、集中力が高い状態です。

子育ての様に突発的なことが起き続ける中では、
意識があちこちにいき、執着があちこちに残り、
マインドフルな状態から離れてしまいます。

そのせいで必要以上に疲弊してしまう。

だからこそ意識的に、
今ここ以外に執着を残さず、
瞬間瞬間に集中できる能力を高めていく、

これが大事です。

そうすることで、
洗練されたエネルギーが保てる様になります。

そうしていくと、
必要以上に身体が疲れたり、
脳の疲れからの睡眠不足も、
解消されていく様です。

今に意識を置き執着を手放しながら、
集中力を高める練習。

これをどんなに
バタバタな中でも意識していくと、
悪循環を引き起こすエネルギー不足状態から
距離を取ることができます。


3つ目は、
他力を借りること

誰か視座の高い人と話したり、
同志と共鳴することで、
エネルギー状態が調い、
悪循環にハマりにくかったり、
抜け出すことができます。

好循環の一歩を踏むためにも、
ふと始まってしまった
悪循環から抜け出すためにも、
他力を借りることはとても有効です。


人生が上手くまわる好循環人生には、

身体の調子を良好な状態に保つこと
マインドフルに生きること
他力を借りること


主にこの3つが秘訣だと感じています。

おわりに

いい状態にある時も、調子の悪い時も、
常に客観的に人生を見つめる視点が大切です。

悪循環にハマっている時ほど視野が狭くなり、
“不幸な自分“しか見えなくなっていたりします。

”不幸せな状態“は、
ただ自分がそう捉えているだけに過ぎないのに、
抜け出せないトンネルにいる様に感じたりします。

幸せに満たされている時の自分とは、
ほんのちょっとした差しかないのに。


”大丈夫、私はもうすでに幸せ”

そんな人生の前提も忘れずに、
客観的な視野と3つの秘訣を意識しながら、
人生を好転させていきたいですね。

++++
今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。
+++++

タイトルとURLをコピーしました