内臓と対話をしよう

-ヨガ

こんにちは、さやかです。
今回は、体内の循環について。

内臓と対話することについて、
私がこのところ試行錯誤しているお話を
お届けしたいと思います。

内臓と対話する話

先日、SHIGETAのチコさんと
料理家の青山有紀さんのインスタライブで、
内臓や腸内細菌と話をする、
というお話がありました。

例えばチコさんは、
便秘気味のお子さんのお腹に、
こっちだよーと便の通る道と出口を教える様に
マッサージをしているとのこと。

有紀さんは食べ過ぎてしまった時、
“ごめんねー、消化をよろしくね“
と声をかけるとのこと。

とても興味深いと共に、
自分を振り返るいい機会になりました。


私自身、
ヨガで呼吸や身体に意識を向けることの
大切さは理解していたものの、
内臓や腸内細菌と話す
という意識はありませんでした。

胃痛持ち、
というか結構常に胃が痛い人なのですが、
ちゃんと自分の胃をリスペクトして、
対話したことがなかった

胃痛は辛いのですが、
長年のことで当たり前になっていることもあり、
常に対処法を探してはいるものの、
内臓ときちんと向き合えていませんでした。

内臓の元気は身体にとって大事なこと。
ようやく真剣に対話してみようと思い立ちました。

対話して分かったこと

胃痛軽減の話ばかりになりますが…
色々と試行錯誤してみました。


まずは、夜早めに食べること。

そして、
夕ご飯と朝ごはんの間を12時間以上空けて、
お腹の中を空っぽにする時間を作ること。

これは少し前から実践していたのですが、
なかなか胃痛は治まらず。


ということで、
夕飯をおかゆに変えてみました。

胃痛はかなり軽減されたものの、
夕飯前までに食べたモノによって左右される。

ということは日中の食べ方なのかもしれない。


髙橋優鍼堂さんにも相談したところ、
“食べすぎないこととよく噛むこと”。

そこで自分のお腹とよくよく会話してみましたが、
お腹が空いているのか、
お腹が空いていないのか実際よく分からない…。

今まではお腹が空いたから
食べていると思い込んできました。

でもお腹が空いていなかったとしても、
時間になったら食べる習慣で食べていた。

また、食べる量も、
レストランだとこの位出てくるけど、
それより少ないからそんなに食べてないと、
自分にとっての適量を一般常識から
考えてしまっていました。

胃が痛いのとお腹が空いているのとを
混同している自分もいました。

“1日3食これくらいの量“というクセが、
当たり前になりすぎていて、
そこから抜け出せなかったようです。



よい食材を選んだり、
身体にいいものを食べる様に、
食べることと向き合っているつもりでしたが、
根底での内臓との対話ができていませんでした。

身体は毎日変わるのだから、
必ず3食である必要もないし、
これだけ食べないとならないということもない。

そうしていくと、
夕飯を食べないと倒れると思っていたのに、
夕飯を食べなくてもいい日が出てきました。


本当にお腹がすいたら、
少し食べて様子をみる。

この方法でしばらく、
内臓との対話力を上げてみようと思います。

残さず食べなさい

子育てにおいても、
なんとなくちゃんとしっかり食べることが
良いことの様に感じていました。

残さず食べなさい、
最後ちょっと残ってるから食べちゃいなさい、
食べないと大きくなれないよーなど、
無意識に発していた言葉たち。

小さい頃からの
残さずよく食べたら褒められてきた経験や
ずっとスポーツをしてきた中で
たくさん食べる方がいいと思い込んできた経験が
影響していると思います。

でも、
子どもがお腹いっぱいと言ったなら、
それがいっぱいな状態なのだから、
そこから無理させるのはおかしいですよね。

お腹がすいていないなのに、
時間になったから食べなさいも違います。

子ども達にも、
ちゃんと自分の内臓と会話できるように、
会話しないままに習慣で生きないように、

促してあげたいなと思いました。

おわりに

大事なことは、
全てに意識を向けて、
気づいたうえでリスペクトを持って、
共に生きていくこと
なのだと思います。

自分の呼吸、身体、心。
そして自分の内臓、筋肉や血管など。
体内細菌や細胞までも。

そして、
口にするものや周りにある全てにも。

ヨガでも、意識できた分だけ、
その対象は目覚めて活性化され、
栄養やエネルギーが送られるようになる
と言われています。


気づいてくこと。
対話力を上げていくこと。

特に目に見えない部分への意識的な気づきと
対話の大切さを改めて感じています。

習慣だけで生きてしまわない様、
ぜひ対話を大切に過ごしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました