ママも1人旅に出よう

-子育て

こんにちは、
さやはるvedaのさやかです。

先週末、
子ども達を夫に任せて、
5年半ぶりの1人旅へ。

母になってからの1人旅、
なかなか特別な時間でした。

今回は、
そんな時間を通して何を感じたのか、
お届けしたいと思います。

きっかけ

きっかけは、私の罪悪感解消。
私は休むことがとにかく下手で、
自分を追い込みがちなタイプ。

ダラダラ過ごすとか、
ゆるゆる何もせずに過ごすとか、
こわ過ぎてできません。

罪悪感でいっぱいになって、
いてもたってもいられなくなる



でもそれって
本当に必要な罪悪感?と考えた時に、
もう少し緩めてもいいのかなと。


そのためには、
逆のことをしてみること。

ダラダラゆっくり
過ごすことをしてみる。


やることありきではない、
自分だけの時間を持ってみる。

私にとってのバンジーです。


ヨガの資格を取った時も、
夫に週末子どもを任せて
1人学び時間でした。

平日の夜や週末に
1人時間も作っているので、
自分のための時間はちゃんとある。

でもいつもやることありきの1人時間。

必要なのは、
やることありきではない
1人時間を持つこと。


ということで、
1人旅に出ることにしました。

といっても車で一時間の隣町の
ホテルに泊まってくるだけですが。

日時は
春休み疲れを癒すにももってこいな、
春休み直後の週末に決めました。

せっかくなのだからの呪縛

とてもいい時間でした。

土曜日のランチ前に家を出て、
1時間のドライブの後、隣町へ。

ランチを食べ、カフェに行き、
夕飯を買ってホテルへ。

今回はポイントで
ヒルトンホテルに宿泊。

接客にも部屋にも
豊かさを感じることができ、
とても心地よく過ごせました。


1人部屋飲みをして、
気になっていたインスタライブを見ながら、
眠りにつき、

夜は誰にも途中起こされることもなく、
朝までぐっする眠れる幸せ。

子どもと一緒に寝ている時って、
実はリラックスしきれてないみたいですね。


朝はホテル内のスタバでゆっくり過ごし、
ランチに家族と合流。

コロナの影響で
いつもとは少し違うこともありましたが、
それでも1人での外泊は
想像以上に身体も心も満たしてくれました。


ただこの豊かな時間中、
ずっと私を縛りつけようとしていたのが、
“せっかくなのだから”という言葉


せっかくなのだから
いい時間にしないと。

せっかくなのだから
価値のある過ごし方をしないと。

せっかくなのだから
おいしいものを食べないと。

せっかくなのだから…


全て自分のペースで選べる状態、
子どもがいるからということを
気にしなくていい時間、

何でも自由に選択していいのに、
“せっかくだから“の言葉が
いちいち出てくる。

一体誰に気を遣っているのだろう。


でもここ最近、
自分の本音を聞く作業をしてきたので、
すぐに”せっかくだから”はポイっとして、
本音との対話を心がけました。

今ごはんが食べたいと感じる、
今コーヒーが飲みたいと感じる。

夜は外食でバタバタせずに
持ち込んでゆっくり飲みたい、
朝は行き慣れたスタバで
ただリラックスがいい。

本を読みたいと思ったから読んだし、
メールを返したいと思ったから返したし、
見たいからインスタライブを見たし。

自分と対話して望んだ通りにしました。


でもそれってすごくソワソワする。
誰かに否定されそうだから。

せっかくなのにその過ごし方でいいの?
と言われそうで。

正解なんてないのに、
これが正解なのかな?
これがみんながいいと思うことかな?

今まで周りの目ばかり気にして、
他人軸で生きてきたクセが見て取れます。

それでも今回は
自分軸で選択をすることを選べた。

そしてやってみたら

誰にも否定されなかった。

これがいつもと違うことをする
=バンジーをしてみることの効果ですね。


今回の経験のお陰で、
”せっかくだから”の呪縛は解けました。

1人旅のススメ

学生の頃から1人旅は大好きで、
大学の時にはバックパッカーとして
世界をあちこち旅しました。

会社を辞めた時も、
シンガーとしてエネルギーが落ちた時も、
いつも1人旅がたくさんの気づきをくれた。

今回の1人旅でも、
旅の記憶が次々によみがえって、
とても懐かしい気持ちになりました。

いつかそんな旅の魅力についても、
綴れたらいいなぁと思っています。


ママの1人旅。

家族と離れて1人になるだけでも、
家族への感謝や愛情が深まると思います。

家族と一緒に
景色を共有できる旅も楽しいけど、

1人旅だからこそ
過ごせる時間や気づきもあるので、
すごくおススメです。

おわりに

今回のもともとの1人旅のきっかけは、
休めない自分を緩めてみる、でした。

初めての場所・新しい経験なこともあり、
何もしないでダラダラリラックス、
とまでは力が抜けませんでしたが。

でも、
本音で生きる心地よさを体感でき、
そうした意味では力が抜けました。



あなたにとって一番
挑戦するのがこわいことは何ですか?


いつもと違う環境に身をおくことは、
いつもは気づけないことに
気づけるチャンス。

ひと超えして、
ひと皮緩めてみてください。

世界が一段と優しくなると思います。

+++++
今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

みなさんが、
心から自分を大好きになって、
ナチュラルで幸せな毎日を過ごせますように。
+++++

タイトルとURLをコピーしました